2018.09.04 Tuesday

誰がテレビを殺すのか

刺激的なタイトルの本が角川新書から出版された。著者はテレビでコメンテーターとして人気のある夏野剛さんである。夏野さんはNTTドコモの執行役員でiモードを立ち上げた功労者であり、現在は慶応大学の特別招聘教授のほかドワンゴなどネット会社の役員を勤めている。テレビやネットメディアについては一番よく知っている人である。その夏野さんがテレビは新聞と同様に見られなくなってゆき、なくなるテレビ局も出てくるだろうと厳しい見方を書いている。
ネットフリックス、アマゾンプライムビデオ、ニコニコ動画、YouTube,Hulu、U・NEXTなどのネットの配信サービスがテレビを殺すことになる、というのが夏野さんの第一の要因になっている。
17年10月に発表されたデロイトトーマツ・コンサルティングの調査によると33歳までの若者たちはニュース・情報を得る手段としてテレビが一番の情報源になっているが、次はネットを利用するSNS(ソーシアル・ネットワーク・サービス)を上げている。今やテレビは見るもののネットの配信サービスで情報を得ていることがわかる。この調査によると51歳以上の人たちはテレビが第一位であることは変わらないが、二番目に来るのは新聞である。若者たちは新聞は一番低い手段で読んでいないことがはっきり出ている。
夏野さんによるとテレビを一番熱心に見ているのは定年になり暇な60歳以上である。この人たちは若い時に安保騒動などででもデモに参加した人であり、今の権力者たちに批判的である。
この老人が朝から昼のニュース、情報番組を熱心に見ている。このために政府に対して批判的なニュースを流している。安倍首相に対しても身内が絡んだ森友学園や加計学園について熱心に報じた。コメンテーターなどについてもこうした問題に厳しい人を選んでいる。テレビ朝日のニュ−スステーションをはじめTBSのサンデ―モーニングなどは批判的な発言をする人が多く使われている。宣伝ンも若者は相手ではなく老人向きの製品が宣伝されている。
夏野さんはテレビは情報を流すにしてもドラマなど創るにしても一番力がある、という。しかし、豊富な資金のあるネットフリックスなどは番組を作るのに民放の同じ番組でも20倍の金を投じることができるという。米国ではハリウッド映画のスターもネットフリックスに出演している。こうしたことから日本でもこうしたことが起きてくるだろうと予測している。
テレビ局は番組制作力を強化してゆき、この番組を配信サービス会社に流してゆくようになるのがこれからの課題、と書いている。昔、映画会社が自社の俳優をテレビに出ないようにしたこともあるが、テレビ会社が配信サービス会社の製作に協力しなくては共存していけない時代になってきている。
6月に日本民間放送連盟(民放連)の会長に就任した大久保好男会長(日本テレビ社長)は7月23日に日本記者クラブで記者会見して当面の課題としてネットへの対応をどうするかを上げた。その中で大久保会長は「ネットのニュースはまだ信頼性に欠けている。テレビのニュースは正確である、ということで対応してゆきたい」と語った。

| 本・その他 | 10:33 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

ホンダジェットを日本でも発売へ

18年6月6日にホンダの八郷隆弘社長は記者会見をして「小型ジェット機のホンダジェットを日本でも販売を始める」と語った。ホンダジェットを既に2015年に米国では1号機を引き渡しているが日本ではまだ発売していない。ホンダジェットを手掛けている子会社のホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野社長は「最大7人乗りで価格は約5億7700万円だが欧米と同じくらいに購買能力のある層はいる」と自信を示した。

 

| その他 | 10:32 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

トヨタがルマンで初V

自動車の耐久レースである第86回のルマン24時間で6月17日にフランスの西部ルマン・サーキットで決勝のゴールを迎えトヨタは中嶋一貴らが運転した8号車が優勝した。日本人ドライバーが運転しての優勝は初めて。

 

| その他 | 10:32 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

パレスチナ難民問題の映画「判決、二つの希望」の試写会が行われる

日本記者クラブは8月22日にパレスチナ難民問題を扱った「判決、二つの希望」の試写会を行った。レバノン出身のジアド・ドゥイリエ監督が自らの体験をもとにして映画化した。
記者クラブでは8月1日には難民映画祭2018の記者会と試写会も行った。

 

| その他 | 10:31 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

伊藤次郎左衛門祐洋(いとう・じろうざえもんすけひろ)松坂屋(現大丸松坂屋百貨店)元社長、会長。
7月2日病気で死去。享年85歳。
私が朝日新聞名古屋本社経済部のデスクの時に伊藤家以外で初めて会長になった故鈴木正雄氏と対立して、社長を解任された。名門の百貨店のお家騒動として話題になった。鈴木氏は「徳川幕府でも15代で終わっているのに伊藤家は17代も続いており長すぎる」という名セリフを吐いた。

| 追悼録 | 10:31 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

松下康雄・元日銀総裁 7月20日死去した。享年92歳。
大蔵省の事務次官を務めた後、旧太陽神戸三井銀行の頭取になり、94年12月に日銀総裁になった。97年11月に北海道拓殖銀行の破たんや山一証券の破たんの処理をした。しかし、日銀職員の過剰な接待の責任を取り98年3月に辞任に追い込まれて、速水優氏と交代した。

| 追悼録 | 10:30 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

森岡孝二・関西大学名誉教授 慢性心不全のために死去。享年74歳。
過労死問題に長く取り組み、労災申請や訴訟の支援活動に尽力した。株主の立場から企業の在り方を監視するNPO法人「株主オンブズマン」の代表を務めた。

 

| 追悼録 | 10:30 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

高木新二郎・元産業再生機構産業再生委員長、弁護士。 8月19日急性心不全のために死去。享年82歳。倒産や事業再生を専門にした弁護士として活動してきた。カネボウ、ダイエーなどの再建にかかわりJALの再建の特別チームのリーダーを務めた。

| 追悼録 | 10:30 | - | - | pookmark |
2018.07.31 Tuesday

樫尾和雄・カシオ会長 20年6月18日死去。享年89歳。お別れ会を行うが日にちは未定。

カシオ計算機を創業した4兄弟の3男で腕時計の「Gショック」や電卓をを広めた。2015年から会長を務めていた。

| 追悼録 | 19:34 | - | - | pookmark |
2018.07.31 Tuesday

加藤廣さんのお別れ会
作家の加藤廣さんは2018年4月7日に死去。享年87歳。お別れの会は7月23日帝国ホテルで開かれた。
このお別れ会は文芸春秋文芸振興事業部の大村浩二さんが事務局になって行った。元徳間書店の後藤喜兵衛さんが最初に挨拶し「加藤さんが75歳過ぎてから信長の棺という本を出したことを手伝った。東京渋谷のおつな寿司での勉強会で初めて会いその話を日経の浦田記者につないで出版された」と述べた。次の日経の浦田・元文化部記者が本になるまでのいきさつを話した。このほか加藤さんの高校時代(都立新宿高校)や東京大学の友人があいさつした。

| 追悼録 | 19:33 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE