2018.10.30 Tuesday

経済同友会が財政危機についてフォーラム

経済同友会(代表幹事・小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)は10月26日に都内の帝国ホテルで財政フォーラムを開いた。小林代表幹事は最初にあいさつして「財政危機が日本を滅ぼす心配もある。こんなに借金してどうなるか心配だ。来年10月に消費税を上げても追いつかない。早く何とかしないといけない」と危機感を現した。そのあと、日経新聞の大林尚・上級論説委員が「問題提起を行い「財政破綻が国民生活に与える影響」「歳出・歳入改革と、財政規律を高める方策」についてパネルヂスカッションを行った。パネリストは池尾和人・立正大教授、小林慶一郎・慶応大教授、土居丈朗、慶大教授、須田美矢子・キャノングローバル戦略研究所特別顧問、佐藤義雄・経済同友会・財政健全化委員長(住友生命会長などである。
結論は出さなかったが、早急に財政の健全化に手を付けなくてはならないということがまとめられた。

| その他 | 09:45 | - | - | pookmark |
2018.10.30 Tuesday

新潟県知事が柏崎原発の再開に慎重な姿勢

新潟県知事に選ばれた花角英生知事は9月13日に日本記者クラブで講演した。当面の問題である柏崎刈羽原発の再開については「現在、3つの検証(安全管理の技術委員会、健康と生活への影響委員会、避難方法に関する委員会)がでてから判断する。県民ファーストであり「慎重に決めたい」と述べた。記者クラブの記帳には「なせば成る」と書いており原発再開への気持ちを書いたものか。佐渡の出身だけに「佐渡金銀山を世界遺産」にすることに力を入れている。

| その他 | 09:45 | - | - | pookmark |
2018.10.30 Tuesday

紛争地の看護師の活動にショック

シリア、イエメン、イラク、スーダン、パレスチナなど17の紛争地に看護師として赴任した「国境なき医師団」の白川優子・手術室看護師が10月4日に日本記者クラブで講演をした。6月にイラクのモスルから帰国しその生々しい体験談を話した。「仕掛け爆弾で男の子8人が運ばれてきた。みんな手足が吹っ飛んで、7歳の女の子は腸が出ていた。それなのに血液がなくて手術ができない。こういう患者が次から次に来る。そうした中で患者の笑顔を見て落ち着く」と話した。白川さんはこうした体験を「紛争地の看護師」(18年8月、小学館)出版した。

| その他 | 09:44 | - | - | pookmark |
2018.10.30 Tuesday

森美術館が15周年の記念展

森美術館(南條史生館長)は15周年記念展として「カタストロフと美術のちから展」を10月6日から来年1月20日まで行う。東日本大震災やアメリカの同時テロ
、リーマンショックなど世界各地で起きる大災害(カタストロフ)に対して多くのアーティストが後世に語り継ごうと作品を製作している。そうした作品を展示した。

 

| その他 | 09:44 | - | - | pookmark |
2018.10.30 Tuesday

外国人記者クラブが11月から移転

JR有楽町駅前の電気ビルにあった外国人記者クラブが11月から千代田区丸の内にできた「丸の内二重橋ビル」(千代田区丸の内3−2−3)の5,6階に移転する。今までは電気ビルの19階、20階だったので広さは変わらない、という。

| その他 | 09:43 | - | - | pookmark |
2018.10.30 Tuesday

追悼)

高原慶一朗ユニャーム創業者 10月3日老衰のため死去。享年87歳。
女性用手掛けて会社を大きくした。財界動としてニュービジネス協議会の会長を1期2
年)務めた。

 

 

入澤肇・元農林水産省構造改善局長、参議院議員 9月18日がんのために死去。享年78歳。農林水産省では異端の役人で、自由党から参院議員になりそのあと保守党、自民党と変わった。

 

 

小山博之・元日経論説委員、元静岡産業大学教授 10月18日死去。享年79歳。英国のシェイクスピアについて造詣が深く企業家倶楽部(徳永卓三編集長)という月刊誌に「シェイクスピアの人間学」を連載していた。

 

| その他 | 09:42 | - | - | pookmark |
2018.10.05 Friday

朝日新聞が久しぶりの新聞協会賞
優れた報道に贈られる18年度の日本新聞協会賞に編集部門で朝日新聞が選ばれた。安倍
内閣のアキレスケンである森友問題での受賞だけに朝日新聞社の中は意気軒高なものがあ
る。「財務省による公文書の改ざんを巡る一連のスクープ」に対して贈られた。東京社会
部・大阪社会部の連名になっているが、実質は大阪社会部がスクープしたものである。こ
のため代表は大阪社会部次長の羽根和人になっている。
朝日新聞はリクルートの調査報道で新聞協会賞を取る寸前に行っていたが、写真部員の
サンゴ事件でこれを逃した。それ以降、朝日新聞は協会賞に見放されていたが、今回晴れ
て受賞した。10月16日に仙台市で開かれる新聞大会で表彰される。

| その他 | 13:30 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

入江襄(のぼる)・元新日本証券(現みずほ証券)社長 9月6日病気で死去。享年朝日新聞が久しぶりの新聞協会賞

優れた報道に贈られる18年度の日本新聞協会賞に編集部門で朝日新聞が選ばれた。安倍内閣のアキレスケンである森友問題での受賞だけに朝日新聞社の中は意気軒高なものがある。「財務省による公文書の改ざんを巡る一連のスクープ」に対して贈られた。東京社会部・大阪社会部の連名になっているが、実質は大阪社会部がスクープしたものである。このため代表は大阪社会部次長の羽根和人になっている。
朝日新聞はリクルートの調査報道で新聞協会賞を取る寸前に行っていたが、写真部員のサンゴ事件でこれを逃した。それ以降、朝日新聞は協会賞に見放されていたが、今回晴れて受賞した。10月16日に仙台市で開かれる新聞大会で表彰される。

 

| その他 | 21:33 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

三澤千代治氏が「遺言」を出版

ミサワホームを創設した三澤千代治氏が9月20日付けで「遺言」(創樹社、消費税は別で2000円)を出版した。今やミサワホームはトヨタ自動車に乗っ取られて、三沢氏は追い出された形になっている。そうした中で新しい住宅の「ハビタ」を販売している。三澤氏は創樹社から、最後の気持ちを読者に訴えたいとして出版した。内容は第1章から11章まであり三澤氏がミサワホームでCEOでやってきたことをまとめた。200年住宅を目指して住宅を作らなくてはならないことを訴えている。三澤氏は「今まで住宅メーカーという立場で家を作ってきたことを反省している。しかし、生まれ変わっても住宅の仕事をしたい」と述べている。

| その他 | 21:33 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

グラミン日本を設立

日本の貧困者や生活困窮者に対して低利・無担保で少額融資して貧困から脱失するのを助ける「グラミン日本」(本社中央区日本橋)が9月13日に創設されて事業を開始した。理事長CEOは菅正広・明治学院大教授で理事COOは百野公裕氏が就任した。7億円の資本金を集める。会長にはノーベル賞を受賞したグラミン銀行創設者のムハマダ・ユヌス博士が就任した
アドバイザリーボードには原丈人でデフタパートナーズ会長や三井不動産の北原義一副社長などがいる。コーポレートサポーターにはアクセンチュア株式会社、三井不動産、第一勧銀信用組合が名を連ねている。

| その他 | 21:32 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE