2019.05.30 Thursday

日銀は昔の軍隊と同じか?インパール作戦に入ったのか

 

私の朝日新聞経済部の記者時代で一番充実し勉強していた時は日銀の担当時代である。40年以上前だが森永貞一郎総裁・前川春雄副総裁の時代であった。森永総裁など日銀の幹部の発言は重かった。公定歩合の取材などでは毎日夜回り、朝駆けで一句、一句を吟味してキャップなどといつ上げるかなどの方向を見定めた。


それに比べると今の黒田東彦日銀総裁などの発言は軽すぎるし、失敗をしたことに責任を取るどころか図々しく居直っている感じである。6年前に華々しく登場した黒田総裁、岩田規久男・副総裁は「2年以内に消費者物価を2%に上げデフレ脱却を目指す。実現しない時には責任を取り辞任する」とまで勇ましかった。ところが物価は2%には届かないどころかデフレが続いている。物価を上げて景気を良くするというリフレ派の学習院大教授だった岩田副総裁などは「2%にならなかったら辞職する」とまでたんかをきった。その発言はどこへやらほッ被りして舞台から消えていった。


こうした日銀幹部に対して日銀を取材していたOBたちは怒っている。そうした怒りを納めるような本が出た。朝日新聞編集委員である原真人氏が小学館新書で「日本銀行『失敗の本質』」 という本を出版した。原氏は安倍晋三首相の経済政策について「アベノミクス」と命名した最初の記者である。黒田日銀総裁の誕生から記者として観察してきた。その結果を今回の本にまとめた。それによると黒田日銀総裁の金融政策は戦前の軍部が取った作戦と驚くほど似ているという。開戦前夜から失敗の発端、奇襲、転機、強行、誤算、泥沼と日銀の政策と比較している。強行というところではマイナス金利をEUと同じように導入した。これは軍がインドを攻略するために立てたインパール作戦である、という。悲惨な戦いになり食糧不足で何万の将兵が死んだ。さらにレイテ沖海戦になり、現在は沖縄戦で泥沼に陥っている。


国の借金がGDPの2倍以上あるという異常な状態の中で日銀は国債を発行して上場投資信託(ETF)、上場不動産投資信託(Jリート)を買い続けて株価を維持し景気を下支えしている。この結果、日銀が大株主の会社が増えてきている。原氏はこうした現象を「財政ファイナンスの罠」と解説している。


こうした原氏の説に対して援護する経済理論が出ている。MMT(モダン・マネタリー・セオリ)である。日本は財政赤字にも関わらずに物価は上がらずにそれなりの経済成長をしており、もっと財政を使って介在成長を目指すべきである、という。米国のニューヨーク州立大のケルトン教授が4月17日の朝日新聞で述べている。


私はこの説を取らずに原氏の日銀の失敗と考える。バブルと同じように結果が出るのは先である。しかし、財政をこれ以上増やすことは子供たちにつけをまわすことになろう。


原氏は広報ソルーション懇話会主催で7月1日に日本記者クラブで「日銀の失敗とアベノミクス」というテーマで講演をする。

 

| その他 | 17:05 | - | - | pookmark |
2019.05.30 Thursday

経団連の中西会長が総会前に入院

日本経団連の中西宏明会長が30日に開かれる予定の総会の前に入院した。事務局が27日に発表した。6月末までには退院する予定というが、病状についての説明はない。総会の議長は審議委員長の古賀信行・野村ホールディング会長が務める。

 

| その他 | 17:04 | - | - | pookmark |
2019.05.30 Thursday

神田松之亟で神田一門会は満席

講談士の中で一番人気があるのは神田松之亟である。神田松鯉の弟子であり5月28日に例年開かれている「第54回神田松鯉の会」が都内の三越本店の近くにある「お江戸日本橋亭」で開かれた。午後6時からの開場にも関わらずに4時過ぎからお客が来て列ができた。150人も来て立ち見が出た。松之亟は「源平盛衰記」の中で那須与一の弓の話を全身で演じた。松鯉氏は「この人気は私ではないことはよくわかっています。それにしても大したものです」と話した。二つ目の松之亟は来年2月に「神田伯山」を襲名する予定。

| その他 | 17:03 | - | - | pookmark |
2019.04.28 Sunday

奇人原信太郎が作った鉄道模型博物館

生誕100周年の式典
横浜にある1000の模型がある世界で最大の原鉄道模型博物館で4月4日に創業者の
原信太郎の生誕100周年の式典が行われた。館長で原夫人の美津子さんが挨拶し「夫は
鉄道模型づくりになると夢中になり私は子供がいることも忘れてしまいます。息子の丈人
と一緒に行っても鉄道の写真を撮るのに夢中になり、息子を置いてゆくこともしばしばで
す。鉄道のことになると気違いじみてました」と述べた。次に統一地方選のさなかにもか
かわらず黒岩候補(現知事)が「挨拶を聞いていると放送の禁止言葉が次々に出てきて、
それだけ原さんは鉄道の模型に夢中になったのでしょう。この博物館は世界に誇るもので
す」とフジテレビの出身だけに放送禁止用語のたとを出してあいさつした。
次いで長男の丈人氏(デフタパートナーズグループ代表)が「父は鉄を出して原さんの
功績をたたえた。道模型になると子供ことなどは忘れてしまうこともしばしば。それ以上
に食事は1日コーラ大瓶2本と牛肉だけしか食べませんでした。野菜を食べるようにすす
めても牛肉の中に野菜は入っている、と言って食べません」と思い出を述べた。
信太郎氏は小さい時から鉄道模型に夢中になり、近くの模型屋だけでなく海外からのカ
タログを取り寄せて注文していた。フランス語、イタリヤ語などもカタログから注文する
ために勉強して身に着けた、という。
慶応商工に在学中にコクヨの黒田靖之助氏と親しくなり黒田家に通うようになって妹の
美津子さんと結婚した。靖之介氏の父親のコクヨの創業者の善太郎氏に誘われて専務・技
術部長として入社した。一番売れていた複写簿は人手がかかっていた。それをドイツのメ
ーカーから技術導入して人手をかけない複写簿印刷機を完成した。さらに倉庫の自動化も
業界に先駆けて完成させた。
信太郎氏は海外の事情に詳しかった。日本が負けることを予見して日本円をドルに換え
たほか、いち早く疎開して静岡の袋井市に家を建てた。
文具業界では最大手になることに貢献した。コクヨでは和服で通し有名だった。こ
うした自由主義の精神が長男の丈人氏の「三方よし」の公益資本主義の精神につながって
いる。

| その他 | 18:12 | - | - | pookmark |
2019.04.28 Sunday

日本の金融政策は「ちまかった」
日本記者クラブで4月10日に「平成とは何だったのか」のテーマで元日本債券信
用銀行(現あおぞら銀行)の頭取だった東郷重興氏が講演した。東郷氏は日銀の国際局長
から日債銀に常務として行き、13番目から頭取になった。破たんした後に逮捕されて
13年間法廷闘争をして無罪を勝ち取った。東郷氏は大蔵省が指導した金融機関への資金
導入について「佐々波委員会が決めたのだが、米国などに比べて金額が少なくちまかった
。もっと大胆に出していれば状況は変わったのではないか」と回顧していた。
中国から財政経済代表団が来日
中国から朱光躍(前財務次官)を団長にして7人の政府関係者が来日して4月25日

に日本記者クラブで
記者会見をした。朱団長は「中国の経済は下振れしている。しかし、米国との関税問題灘
を解決すれば明るさが出てくる」と述べた。米中の交渉には解決するとの見通しを述べた

| その他 | 18:11 | - | - | pookmark |
2019.04.28 Sunday

追悼
元住友銀行頭取・会長 森川敏雄氏
3月15日肺炎で死去。享年86歳。お別れの会は5月22日正午から都内のホテルニ
ューオータニの「鶴の間」で開く。大阪では同日正午から大阪市内のリーガロイヤルホテ
ルに献花台を設ける。
1993年から97年まで頭取を務めイトマン事件の後始末と経営刷新に取り組んだ
。95年3月期決算で大手銀行としては異例の巨額赤字決算に踏み切り不良債権の処理を
行った。関西系の都銀として初めて全国銀行協会連合会の会長に就いた。森川さんは東大
法学部卒で京大出身者の磯田、巽頭取などの後に頭取になった。このためか、お別れ会は
東京で開き大阪には献花台を設けるというスタイルになった。
元九州石油(現JXTGエネルギー)社長 勝俣孝雄氏
3月11日急性じん不全のため死去。享年89歳。
新日鉄(現日本製鉄)の副社長を務め、九州石油の社長になった。
勝俣5兄弟の長男で、弟に東電会長の恒久、丸紅会長の宜夫がいる。
元日興コーディアル証券常務執行役員 有藤正道氏
3月25日間質性肺炎のため死去。享年72歳。
有藤氏とは日興コーディアル証券の幸・元副社長や日経クイックの元社長の棚橋氏
、経済ジャーナリストの嶌氏、NHKOBの谷村氏などと銀座の「朱雀」という店で3か
月に一回の割で会合をしていた。「三福」の大貫ママが世話役だった。参加者は早い死去
に「なんていうことだ」とお通夜で嘆いていた

| その他 | 18:11 | - | - | pookmark |
2019.04.05 Friday

2冊の本
VAN(付加価値通信)の大手であるプラネットの玉生(たまにゅう)弘昌氏が国際商業
出版から「私の縁―人豊かにする出会いの作り方」を出版した。玉生さんの今までの浦和
高校、早稲田大学、ライオンでの出会った人たちのことを書いている。この本では玉生さ
んが100人近くの人のことを書いている。
一方、昭和電工のOBである海老原喜信が昭和電工に勤めていた時に新潟の子会社鹿瀬
電工に総務課長に3年間、勤めた時のことを回想して「崩壊」(印刷・製本はなしま印刷
)という題で書いている。海老原氏は最終的にはこの工場を閉鎖したことを書いており微
妙こともあり、しばらくは公表しなかったが平成も終わることから出版した。

| その他 | 19:01 | - | - | pookmark |
2019.04.05 Friday

挑戦するシニア会が高校生の有望なヴァイオニストの演奏会
朝日新聞のOBの早房長治氏が代表理事をしている「挑戦するシニアの会」が4月18
日に千代田区いきいきプラザで第11回のコンサートを開く。今回の出演者は高校2年生
の河合勇人のヴァイオリンと佐藤彦大(ひろお)のピアノ。河合さんはチャイコフスキー
国際コンクールでヴァイオリン部門で第一位を取った実力者。この会は挑戦するシニアの
会が若手の演奏者に出演のチャンスを与えようと活動してきた。前回の昨年9月のヴァイ
オリンの木嶋真優とピアノの坂野伊都子の会では会場はほぼ満員になり、今回は高校生と
いうことで評判が良くたくさんの人が来ることが予想されている。

| その他 | 19:01 | - | - | pookmark |
2019.04.05 Friday

ニュースの勝負はインターネットへ
新聞記者を30年以上してきて、4月末が平成の最後で新しい時代になるが時代に取り
残されているということをつくづく感じる。一つ電車の中で新聞を読んでいる人がまれに
なってきている。昔は満員電車の中でも新聞を小さくたたんで読んでいた。今は一斉にス
マホを見ている。二つ目は新聞、雑誌でも電子版が主流になってきている。「電子版に書
いたので見ておいてください」という話が多くなり、新聞にもこの続きは電子版で読んで
ほしいということが多くある。
一方で取材の仕方を見ていると記者はパソコンとにらめっこで記事を書いている。いち
早くニュースを流さなくてはならないのでこういうスタイルになるのだろうが、相手の顔
や目を見ていない。我々の時には相手の顔を見て質問し、この答えでさらに質問するとい
うのが普通であった。
激変してきているニュース現場についてニュースサイトの「ジェイ・キャスト」の杉
浦信之社長に話を聞く機会があった。
杉浦社長は朝日新聞社で報道局長やGLOBE編集長などをして木村伊量社長の下で取
締役になった。当時、慰安婦問題で朝日新聞が誤報をしてそのお詫びの会見をした。その
会見でいろいろな問題が出て辞めた。そのあとジェイ・キャストに入社した。創業者の社
会部出身の蜷川真夫会長に引っ張られた。この会社は創業して22年になる。新聞記者の
蜷川氏がよくこうしたニュースサイトを作ったものでだと思っていたが、今や広告収入で
十分に経営していける。
ジェイ・キャストには記者が7人、デスクが3人いてニュースの取材と整理をしてい
る。このサイトはニュースが勝負でありほかのサイトに負けないように競争している。と
いうのもいかに自分のニュースサイトにお客を引っ張るか、が勝負になる。
「そういう意味では新聞と一緒です。広告で成り立っている会社なので、遅いニュース
を流していては広告が付きません。早く良いニュースを取るように記者にはっぱをかけて
います」と杉浦社長は話している。
ジェイ・キャストにはこうしたニュースが一面を飾っているがその他に新聞でいう企画
ものもある。テレビウォッチではワイドショウーからドラマ、深夜番組まで話題になった
テレビについて流している。BOOKウォッチでは新刊書だけでなくすでに出ている本な

ども紹介している。会社ウォッチでは会社のドラマを書いている。このほかにはトレンド
というコーナーでは新製品や新サービスなどを紹介している。
eラーニングではオンライン学習システムも最初のころからやっている。
広告によって経営が成り立っていることでいかにページビュー(何回アクセスするか)
とユニークユーザー(何人アクセスするか)を増やすか、が経営に響いてくる。杉浦社長
によるとDSP/SSPを活用し瞬時に決まってゆく。広告のプラットフォームで「20
代の若い女性の人に見てもらいたい」という需要(希望)に対して「いくらでやります」
という供給を伝えて、一番高い広告主に落ちる仕組みになっている。RTB(リアル・タ
イム・ビット)で決まっていく。
このように新聞からインターネットからの情報サービスが増えてきていることに対し
て広報マンも対応をしなくてはならないだろう。しかし、電子メディア取材でも人が行う
ものである。人対人の対応を誠実にやることが新しい元号になっても変わらないだろう。
(広報ソルーション懇話会のホームページから)

| その他 | 19:00 | - | - | pookmark |
2019.04.05 Friday

外国人記者クラブで無実を訴える
獄中に44年間無期懲役になっている星野文昭氏の無実を訴える記者会見が3月15日
に外国人記者クラブで行われた。岩井信、角田義一,藤田城治の3人の再審弁護人が出て
「星野さんは沖縄の返還協定の批准に反対した71年の渋谷のデモの時に逮捕され、機動
隊員殺したという殺人の容疑で無期懲役になり獄につながれている。再審をして無実を認
めるべきだ」と述べた。この再審を訴えている角田弁護士は前橋に事務所があり参議院の
副議長を務めた。この日の記者会見には星野文昭さんの妻の曉子さんも同席して「獄壁こ
えた愛と革命」(ギャラリーステーション刊行)を配るとともにカレンダーも手渡してい

| その他 | 18:58 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE