<< 沖縄で住民との交流集会 | main | 神徳朝日新聞取締役出版担当が逃げた朝日新聞出版に未来があるのか >>
2008.03.29 Saturday
航空会社の外資規制断念
 政府は成田、羽田空港への外資規制の導入は、08年度の通常国会で見送った。国土交通省が08年1月末に打ち出した外資規制は成田国際空港会社と羽田空港の主要設備運営会社の外国人の株主保有比率(議決権ベース)を3分の1未満にするものであった。これに対して渡辺喜美・金融相、大田弘子・財政相らが反対したことから自民党の関係部会で「国内への投資を促進しようとしているときに、規制措置を新しく設けることはおかしい」と国の国防上の問題という国土交通省と対立した。このため町村信孝・官房長官が調整したがまとまらずに政府はこの規制を断念した。

羽田国際線をめぐり都と千葉県が対立
 羽田空港が2010年に第四滑走路ができて年間の発着枠が10万回増えることをめぐり、東京都と千葉県が対立している。国土交通省が3万回を国際線に割り当てる考えに対して東京都は5万回を要求し、千葉県は3万回以上は認められない、としている。こうした協議は07年に都から地方に法人事業税が3千億円移すことに伴い行うことが決まった。国と都の政策協議会で行われる。

地域活性化をめざして観光フォーラム
 観光を軸にした地域活性化をmwざして北海道、京都、福岡県など16都府県と62市区町村と観光関連企業、有識者で作る「観光地域経営フォーラム」が08年2月28日に発足した。代表幹事に福岡健知事の麻生渡・知事、須田寛・JR東海相談役ら4人が就任して事務局は社会経済生産性本部に置く。

外国人観光客が835万人
 国際観光振興機構(JNTO)によると07年の訪日外国人観光客は前年比14%増の835万人と4年連続で過去最高を記録した。一番多いのは韓国からで前年比で23%増の260万人。また、航空便が増えている中国からは前年比で16%増の94万人になった。
 地域での経済波及効果も大きく、海外の観光客が使う金は06年度で推定1兆3千6百億円に達した。
 

| 観光問題 | 08:36 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE