<< OB100人が朝日新聞へ政官財の疑惑追及の提言 | main | 未曾有の経済不況で経団連会長候補がいなくなる >>
2009.07.03 Friday
 テレビ朝日の社長に初めて生え抜きの早河洋社長(65)が6月25日の総会後の取締役会で就任する。同社は65年に就任した横田武夫社長(5代目)から君和田正夫社長(12代目)まで朝日新聞社の出身者が社長を務めてきた。早川新社長は67年にNET(日本教育テレビ)に入社して、以来、朝日新聞社出身の社長に仕えてきた。早河氏が社長になったのは広瀬道貞・元社長(現民放連会長)に可愛がられた、という。朝日新聞社の株主の村山美智子さんの株をテレビ朝日で引き受けて、朝日新聞社の株は減らすという、ことを広瀬氏と仕組んだことが評価されたと言う。
 ただ、早河氏には早くも女性や金の問題でスキャンダルがうわさされている。早河氏が専務時代に「週刊現代」で07年6月2日号で「『テレビ朝日』次期副社長の封印されたスキャンダル」ということで、早河氏が社内接待を受けたり、女性アナンサーと交際していたことが書かれている。この問題はテレビ朝日と早河氏が講談社に2億円の損害賠償を請求して、和解が成立している。
 あるテレビ朝日の関係者は「早河さんは下請けの制作会社から多額のリベートを受け取ったり、女性との付き合いなど多いと聞いている。朝日新聞社の社長にはそうしたことはまったくない。君和田社長などは制作会社などからの贈答品も送り返しているといわれている。この点が心配だったが他に生え抜きでは人材がいなかったと言うことでしょうね」という。
| 通信関係 | 08:20 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE