<< ちょっと一休 3・11で続々と中止や延期 | main | 連絡に忙しく不安と楽観と共に入院 >>
2011.05.09 Monday
 

原子力発電をなくして良いのか?

 3・11の地震、津波に加えて東電の福島第一原発の放射線漏れが大きな問題になっている。95年1月の阪神淡路の震災、07年7月の新潟・中越沖地震でもなかったことである。事故の大きさを示すレベルも5から7に引き上げられて25年前におきたロシアのチェルノブイリ事故と同じ事故だと日本の原子力安全・保安院は認定した。

 今回の放射線漏れの事故をきっかけに原子力発電について存続すべきかどうかを含めての議論が出てきた。日本記者クラブは今回の地震についての勉強会をシリーズで始めた。最初の講師は環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長である。飯田氏は鉄鋼メーカーで原発の仕事をしてきて「原子力村」の閉鎖的なところがいやになって辞めて今の仕事している。飯田氏は今回の原発事故について「原子力村の人たちが起こした人災です。無能、無策、無責任の人たちだった」と決め付けた。原発は時間をかけて止めてゆきたい太陽光、風力、潮力、バイオマスなどの自然エネルギー100%に変えてゆくべきである、と主張する。

 東大工学部の大学院を出てJR東日本に17年勤務して現在は交通についてのコンサルタントをしている阿部等ライトレール社長も原発については「新規はすべて取りやめて現存のものは順次廃棄してゆかなくてはならない。原子力から石油への回帰は避けがたい」とある勉強会で発言している。

 このように原発について反対の声が出ている。原発のデータ隠しで当時の東電の社長が辞任した時にもこうした反対論が出ていた。しかし、今回の放射線漏れは住民の健康被害にまで及ぶために今までの反対論よりも一段と強い。海外などでも「フクシマ」といって原発についての報道がが米国、ロシア、ドイツなどでは連日紙面やテレビで流されている。

 東電の清水社長をはじめ幹部は頭を下げまくっている。しかし、今回の想定外の自然の力により引き起こされた事故で東電の3割を占めている原子力をやめてしまって良いのだろうか?1基で120万キロワットの電力が出来る原発を飯田氏のように自然エネルギーですべてを変えるには問題もたくさんある。日本での太陽光の発電は海外に比べて効率が良くない、といわれている。風力については騒音の問題で苦情が各地で出ている。40年前に出来た福島原発は当時、日本の原子力発電の技術を結集して作り上げた。当時の木川田一隆社長などが海外への実情を勉強して安全第一に作った。ゼネコンもこうした電力会社の人たちと協力して海外の技術を導入していった。そうした努力が現在の米国、フランスについで多い54基になっている。それをすべてなくして日本のエネルギー政策は大丈夫なのだろうか?(阿)

| 建設論評 | 09:55 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE