<< 「ライムライト」の同窓会 | main |  JATA旅博2013を9月12日から開催 >>
2013.09.13 Friday
 アベノミクスの異次元の金融政策のおかげか、円安、株高が続いている。7月21日に行われた参院選挙でも自民党と公明党の政権党が圧勝した。

経済対策が選挙民に理解されたという事と、政権が長持ちして欲しいという国民の願望がこの選挙結果に出ている。そうした動きの中で不動産業界や住宅業界は景気の良い動きを続けてゆくだろう。

 不動産業界は新しいマンションや建物・商業店舗の建設に前向きになっているが、そうした新しい建築物に特徴的なのは、環境と耐震を含めた防災を売り物にしていることだ。3・11の東日本大震災以降こうした傾向はますます進んできている。

 三井不動産グループの三井不動産レジデンシャルと野村不動産は6月25日に地下鉄の日比谷線と大江戸線の「月島駅」に直結している高層マンションの「キャピタルゲートプレイス」の見学会を行った。私は出来るだけこうした現場を見ることで新しいいマンションの動きを見ようと出かけている。このマンションは02年から再開発の権利人による発起人会が発足し、12年に本体の工事に着工し、15年7月に完成する。地上約187m、53階で702戸のマンションが出来る。このうち322戸について完成前の登録受付をするためにマスコミの見学会をした。

 既に9千件の問い合わせがあり港区、江東区の住民など2500組が見学に来ている。このマンションの特徴は銀座に20分ぐらいの時間で行けるという「タイムレス東京」ということのほかに環境と防災対策を丁寧にしている。例えば環境では「建物の断熱性」「設備の省エネ性」「太陽光発電・太陽熱」「建物の長寿命化」「みどり」などについて、東京都マンション環境表示性能表示ですべて三ツ星を取った。

 さらに防災対策では約72時間稼動の非常用発電機や建物のゆれを少なくする制震構造を採用している。このほか、各階に防災倉庫をつけ、約15万リットルの雨水を利用できる。

 三井不動産のマンションでは環境・防災に万全の体制を敷いている。

 東京駅前にあった片倉工業,第一生命、清水地所などが東京建物の斡旋で「京橋開発特定目的会社」を作り、133月に「東京スクエアガーデン」として完成した。地下鉄銀座線の「京橋駅」と直通であり、地上24階、地下4階の建物で、オフィスと商店が入っている。環境対策ではオフィスからの二酸化炭素の排出量を45%削減する目標を立てている。省エネや景観への配慮、快適性などのめやすになるCASBEEでは最高のSランクを取っている。さらに低層部には高さ30メートル、広さ3,000平方メートルの「京橋の丘」を作り、都心のクールダウンや「風の道」の形成に寄与している。

 二つのケースで見られるように、新しい建築物では環境と防災対策がいまや利用者の関心事である。

| 兼平様論点の原稿 | 09:07 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE