<< 14年6月9日 オリーブ畑に感動する | main | 日比谷高校ラクビー部の総会で現役の部員に会う >>
2014.07.02 Wednesday
14年6月23日
 快適な新幹線にびっくり
 セビリアの市内観光は大寺院を見た。イスラムの建築物で、南スペインの雰囲気に合う。青い空は気持ちが良い。スペイン広場などを散策した後で昼食はサラダと魚のタラのピラフ添えである。量はかなり多い。
 その後は最後のまちマドリードに向かう。AVE新幹線2115号の2号車で席は3A,3Bで、ファーストクラスである。広い席で快適であった。女房と座って外の景色を見たが、オリーブ畑が前日と同様に依然として続いていた。
 「夏の雲スペインで会う新幹線」(筆者)
 座席が大きいので日本の新幹線よりも楽である。
 セビリアを15時45分に発ち、マドリードには18時15分に着いた。約2時間半である。その間に車掌がワインとパンとボックスに入ったスペイン料理を配った。女房をはじめ昼飯を食べたばかりなので、手をつけなかった人が多かったが、私は全部食べた。
 マドリードに着いて直ぐに一番良いといわれている「ザ・ウェスティン・パレス」に入った。建物もホテルのボーイさんも名かなかのものである。直ぐに夜の食事だった。みんなお腹が膨れていたが、それなり食べた。
 翌日は朝9時にホテルを出てプラド美術館に向かった。女房がこのたびで一番見たいところであった。日本人のマスターガイドが説明をしてくれた。ゴヤ、ベラスケス、ムリィーヨ、リベーラなどの絵を見た。
 夜はオプショナルツアーで古都トレドを見学した後で、マドリード市内でフレメンコを見学した。東京・新宿でもフラメンコは見られるが本場のものがどの程度かを知ることができた。正直言えばそれほど変わらなかった。あるスペイン通の人は「日本に来るフラメンコの人たちはスペインでも上級の人を選んでいる。日本の出演料が高いからです」と解説していた。
 4月30日の12時40分にマドリードを出てフランクフルトに飛んだ。フランクフルトでは3時間の待ち時間があり、ラウンジでお茶を飲んだり日本の新聞を読んだりした。久しぶりの日本の新聞を読んで楽しくなった。その後、空港の売店で運動靴を2足買った。羽田空港には5月1日12時15分に予定通り着いた。
 今回の旅で感じたことはスペインの良さである。明るい太陽と人々の底抜けの明るさ。あえて難を言うと食事の量が多いということだろう。スペイン人は総じて太っている人が多いのは食事も影響しているのでは
| スペイン旅行の紀行文 | 16:02 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE