<< 三井不動産の悩みは岩沙会長の叙勲 | main | 朝日新聞の旧友会が年1回に >>
2016.07.25 Monday

コタキナバルの旅

 2月20日の土曜日は「マリマリ文化村」ツアーである。こうした文化村の見物は通り一遍のものが飾ってある場合が多く面白くないが、この文化村の見物は面白かった。この村はコタキナバル市から25分で行ける。そのために前日とは違って集合時間は遅く8時45分である。ブルネイに行く組とゴルフ組と別れた。この村はバジャウ族、ルンダヤ族、ムルゥ族、ルングス族、ドゥスン族の5つの少数民族の暮らしぶりなどを再現した村である。

 案内役のビーさんの下で17人が行った。5つの村のそれぞれの文化と生活が再現されている。お酒を造っているところでは実際にお酒を飲んだが、日本のどぶろくの味である。土人の姿を再現しており、われわれ見学者が刀と服を着て記念写真を撮った。私も笠をかぶり、刀を付けた格好の写真を撮った。今、見ても面白く記念になった。

 各建物などは床から高くしており敵が入らないようにする配慮と湿気を防ぐためのようである。各建物でも一番上が寝るところになっていた。首狩り族の展示もあった。

 民族舞踊のショーが1時過ぎからあった。男と女がそれぞれの民族衣装を着けて踊った。台湾で見た高砂族の踊りと変わりはないが、マレーシアの民族の踊りはそれなりに面白かった。楽器などもそれぞれの民族で違っており音も変わったものもあった。それぞれの民族の音楽は違っており、それなりに音が良かった。

 昼の食事は現地のマレー料理であり、飲み物は別料金だが、現地のビールを飲んで料理を食べた。午後2時30分にはホテルについて休んだ。

 この日の夜は午後5時30分に集合してマーケットを視察した。マーケットではいろいろなものが売られていたが、大谷武彦・団長がバンドを買っていたので、バンドを一つ買った。日本円で500円ぐらいである。日本でこのバンドを使っているが調子が良い。

夜は海鮮料理の店「カンポンネラヤン」である。民族ダンスショ―を見ながら、エビやタコなどの魚を食べた。この店は大きく、お客も多くコタキナバルでは有名だそうだ。この日は二つの民族ダンスショーを見たことになる。

 

| 旅行 | 07:35 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE