<< 石川六郎・日商会頭の妻ヨシ子さん死去 | main | 作家の終活 >>
2016.11.10 Thursday


住友銀行秘史に登場する人たち
「住友銀行秘史」(講談社、初版16年9月)という本が出版されて金融業界では話題になっている。著者は住友銀行の取締役をした国重敦史氏(現在ミックスポイント会長兼社長)である。住友銀行で安宅産業の崩壊とともに大きな問題になったイトマン事件についての当時の動きをメモに基づいて書いている。当時、国重氏は大蔵省や日銀などの窓口としていろいろな情報を集めていた。そうした中でイトマンがやくざまがいの男たちにいいようにされて金が出てゆくことに危機感を感じた国重氏が何とかしなくてはいけないというので内部告発の文章を伊藤萬従業員一同ということで土田正顕銀行局長に送っていた。それとともに日銀やマスコミにも手をまわしている様子がすべて実名で出てくる。日銀では当時の考査局の溝田泰夫・管理課長と相談している。マスコミでは日経新聞の大塚將司記者と情報を提供するとともに、イトマンの記事を紙面にする様子が書かれている。読売は山口記者の名前が出てくる。
一方、住友銀行の中では磯田一郎会長と西貞三郎副頭取、河村良彦イトマン社長が伊藤寿永光、許永中と組んで金をふんだんに取られてゆく。このことに危機感を持った国重氏が「このままでは住友銀行はつぶれてしまう」と玉井英二副頭取、松下武義常務、西川善文常務などと組んで磯田会長を何とかやめさせようという動きが実名で出てくる。
最終的にはコーリン産業のトップの小谷光浩に当時の青葉台支店長が迂回融資をして逮捕されたことで、磯田会長は責任を取って辞任し、イトマン問題も河村社長の辞任などで収束してゆく。
国重氏は「メモを取っていたことから、講談社の編集者が25年たったので本にしたらどうだ、と勧められて書いた。迷惑している人もいるだろうが許してほしい」とあとがきに書いている。

 

| 本・その他 | 07:08 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE