<< 朝日新聞社が社主制度を廃止か? | main | 言論NPOが世界に発信 >>
2017.05.01 Monday

和田・住団連会長がマスコミに不満


和田勇・住宅生産連合会会長(住団連・積水ハウス会長)は住宅業界の業績が良いうえに、自社も増収増益ということでご満悦である。3月21日に開いた理事会後の記者会見でも満面に笑みを浮かべて滑らかにしゃべった。17年度の事業計画では「質の高い住宅ストックの形成」「既存住宅流通市場の活性化」「住生活の工場と強い経済実現に向けた税・財政・金融制度の構築」「諸外国との交流・情報発信」を述べた。その中で今年11月9,10日に東京で開く「国際住宅協会」(IHA)中間総会には米国、カナダなど15カ国が参加して18年に開かれる総会に向けての準備をする。
和田会長は「この中間総会は住宅業界としては1984年以来のことでありマスコミもいろいろ宣伝してほしい」と要望した。そうした時にある記者が「宣伝するにも資料もなく、書きようがない。もし宣伝してほしいならば、この協会についての会長とか何をしている団体なのかを書いてこなくてはやりようがない」という文句が出た。

これには和田会長も「まだ、先があるのでこれからいろいろな資料を出してゆく」と事務局に申し渡した。この協会は各国の住宅情勢などについて意見交換するものであり、ここで何かを決める協会ではない。悪く言えば単なる親睦団体だ。そうした協会に対してマスコミがどんな宣伝ができるか。営業出身の和田会長としてはなんでも大きく書いてくれればよいというセンスでマスコミに対しての感覚ではこれから消費税などいろいろな問題に対処していけるのか、心配である。

 

| その他 | 14:05 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE