<< 元日本政策投資銀行副総裁・元藤和不動産会長 | main | 遺伝子組み換え作物は危険か? >>
2017.05.02 Tuesday

観光立国を支える人たち 蒲島郁夫熊本県知事(かばしま・いくお)

 

熊本県出身。県立鹿本高校卒業後、稲田村農協勤務。68年農業研修生として渡米。74年。ネブラスカ大学農学部卒。79年ハーバード大学大学院修了。91年4月筑波大学教授を経て97年東京大学教授。08年4月に熊本県知事。16年に再選されて現在3期目。70歳。


蒲島知事は熊本地震から1年になる3月23日に外国人記者クラブで営業部長兼しあわせ部長のくまモンと記者会見をした。熊本地震での世界各国からの支援を感謝するとともに熊本の観光問題について語った。蒲島知事は米国の大学を出ているのでスピーチはすべて英語でやり質問にも答えた。


−昨年4月14日と16日のにわたる地震で観光の目玉である熊本城が崩壊する等大変な被害が起きましたが、観光業への影響はいかがでしょうか?

地震が起きるまでは観光や順調でした。宿泊客数は15年は720万人と今までの最高を記録しました。ところが地震で32万人のキャンセルが出て大変でした。県内の主要39のホテルや旅館などに宿泊数の調査していますが、16年4−6月で前年の80%、7−9月で85%、10−12月で88%と地震の前の状態にはまだ届いてはいません。観光の目玉である熊本城も19年には天守閣を復旧して、36年までには元の状態にします。20年かかります。観光業にとっては大変な被害だったのです。

−そうした中で営業部長兼幸せ部長のくまモンは活躍しましたね。

本当に活躍してもらってます。国内よりも海外で有名になりその客引き効果は大きいです。くまモンは県民の幸福度量の最大化に大きく寄与しています。熊本の認知度を上げたり、子供や年寄りに触れあって安心・安全を訴えています。会う人に夢を与えています。経済効果だけで見ても16年の関連商品の売り上げだけでも1280億円に上り、11年に登場してから経済効果は3700億円と推定してます。地震で落ち込んでいる中で頑張ってくれてありがたいことです。

−これから熊本をどのように売りだしてゆきますか?

熊本グルメツーリズム構想を打ち出してゆきます。県内にある食材、食文化、地酒、刃物、陶器など豊富にあります。そのために熊本グルメタクシーを走らせます。食業界をけん引する一流のシェフたちによる食の応援団を結成します。トマト、スイカは全国一の生産量を誇っているほかミカンも生産量は多いです。赤牛の肉や馬刺しも全国一です。焼酎も米焼酎があり、評判が良いです。19年には熊本で女子のハンドボールの世界選手権があり、ラクビーも会場になってます。それまでには地震の被害を回復されたいですね。

 

| 観光立国 | 15:24 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE