<< 二度目の舌癌の入院 | main | 森美術館と国立新美術館が合同で美術展 >>
2017.07.10 Monday

二度目の舌癌入院の記

 

 前回と同じ部屋でホッとする

 

 前回と同じ道泰之先生に手術をしてもらうことで気持ちは安らかだった。6年間も同じポストにいたことが国立の大学病院では奇跡のようなものである。6年前は病室は8階の20号室であった。一人部屋であり他の人と関係することもないし気が楽である。部屋代は特別室なので3万2400円でほかの相部屋に比べると倍ぐらい高い。それでも私立病院のどに比べると安くなっている。

 4月24日の検査の時にこの部屋は空いているかどうかわからないと言われて心配だったが、入院の日に聞いたら「空いている」と言われて女房ともどもホッとした。

 入院する前の5月9日に東京医科歯科大学歯学部病院で男性歯科医が日本医科大学の4年生の学生に刃物で圧されるという事件がありどうなっているか心配だったが道先生は「私は幸いに手術日だったので事件には巻き込まれませんでした」と言ったので良かった、と思った。

 5月22日には食道についても検査してほしいというので、食堂外科外来に行って検査をした。バリウムを飲むのでなく管を入れてみる。のどのところを入りやすいように麻酔薬を付けて行った。

 血圧、体重、身長などの検査の後で、手術のために髪の毛を切る。また下の毛もそった。6年前の手術と一緒である。

 夜7時に道先生から手術の説明がある。男の助手と女の二人の助手が説明に参加していた。女の一人は柴田さんと言ってこの手術の間中お世話になった。道先生は

 「リンパにがんがあるかどうか調べる。歯茎に骨のところにがん細胞がある。手術中にがん細胞がるかどうかを調べてゆく。前回の手術で右側の舌が4割取っており、今度は左側なので言葉と食べることは不自由になるかもしれない。胃ろうで栄養補給をしなくてはいけなくなるかもしれない」と話した。

 かなり深刻な話でもあり女房とちっぴり心配だった。

 

 

                    

| - | 17:25 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE