<< イスラエル経済の今(下) | main | 二度目の舌癌の入院の記ぁ/事に女房を煩わす >>
2017.08.02 Wednesday

わが癌闘病記3回

 

前回の6年前の入院の時も同じであるが、夜中に何度も目を覚ます。そのたびに便所に行き小便をする。8階の病室からはJRの御茶ノ水駅が見おとせる。夜中の2時頃まではこうこうと電気をつけて工事をしている。その頃には乗客はいないが働いている人たちは忙しそうである。

 平常の生活ではアルコールを飲んで寝るのでこう頻繁には目が覚めない。入院での苦痛の一つは夜中に目が覚めることである。熟睡ができない。目が覚めるといろいろなことを考えてしまう。

 

「あれをしなければいけない」「あの人と連絡を取って話をしなければいけない」

 

 朝が来てカーテン越しに薄日が見えカーテンを開ける。その時の気持ちは何とも言えない。今日一日良い日でありますように、と祈りながら開ける。

こうした不安をなくすために本を読むようにしていた。今回、入院するときに高杉良さんが書いた「めぐみ園の夏」を持ってきた。昨年の正月に高杉さんから「小説新潮」に連載するので読むように言われていながら、最初の号だけ買って読んだ。そのあとは読んでいなかった。ある時に東京ガスの花田浩・広報部長が読んでいることが分かり、コピーしてもらうことにした。9回までコピーをしてくれた。高杉さんの自叙伝であり孤児院にいた時の話である。長い付き合いだったが、こうした話は知らなかったので面白かった。新聞によればこれが新潮社から本になっている、という。

次に読んだ本は女房が買っていた直木賞を取り、書店の人たちが推薦している本屋大賞を受けた「蜜蜂と遠来」(幻冬社刊)を持って行った。この本は音楽コンクールを巡る3人の男女の物語であり、それなりに読み進んだ。ピアニストのそれぞれの成り立ちが書かれていたが、外国から来た男の子の話は「こんなことがあるのか?」と信じられなかった。

このほかに村上春樹の「1Q84」(新潮社刊)の三巻も読んだ。村上春樹の本は「退院した後も「ねじまき鳥クロニクル」を3巻読んでおり春樹ファンになっている。入院してよかったのは本を読むようになったことだろうか?

 

| その他 | 19:06 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE