<< 法輪功の勉強会 | main | 日本記者クラブで「憲法論議の粗点」でシリーズ >>
2018.04.02 Monday

更田原子力規制委員長が電力会社の横の提携を訴える

更田豊志・原子力規制委員長は3月29日に外国人記者クラブで記者会見を開いた。その席で更田委員長は「東京電力福島原子力発電所の事故などを見ても東電、東北電力、関西電力などが横の連絡を取って、事故などの時に協力できるようにする必要がある。米国などでは日本に比べて小さな電力会社がこうした事故などの時には同じ規格のものを採用する等していざの時には協力し合うようにしている。これからいろいろなことがあるのだから規格などは統一してほしい。そうすればいざの時には役に立つに違いない」と述べた。このほかに現在の福島原発の状況については「人の健康に被害を与えることは限るなく小さくなっている。しかし、環境に対する被害は残っている」と言い、現在被害地に戻っている人は老人ばかりで若い人はいないという。また、福島原発の廃炉については「数十年は続いてゆく」と述べた。
この会見に出席した外国人の記者は10人もおらず福島原発に対する世界のメディアの関心も低くなってきている。

| その他 | 10:33 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE