<< 朝日新聞は2年連続の増益 | main |
2018.05.31 Thursday

日大アメリカンフットボール部の事件を思う

私は高校、大学とラクビーをやっていた。相手と激しくぶつかり合うラクビーは楽しかった。アメリカンフットボールにも関心を持っていたがルールがあと一つ分からないのでそれほどの興味はなかった。そうした時に関西学院大のアメフト部の監督とディレクターが日大との戦いで無防備なQBにタックルを仕掛けたのはけしからん、と5月10日ごろにテレビで訴えていた。確かにラクビーでも球を持っていない選手にタックルするのは「ノーボール・タックル」で重い反則を取られる。
日大はすぐに謝ると思っていたがなかなか謝らずにずるずると来た。そうした時5月21日にこのタックルをした日大の選手が記者会見を日本記者クラブで22日に行うということがテレビで流れるともに私にも記者クラブから緊急のFAXが入った。選手に対して監督やコーチがタックルするように指示を出したかが、焦点になっていたのでマスコミはこの会見に注目をした。
午後2時45分からの開始だがテレビは14時05分、ペン・スチール(写真)は14時30分に登録するように指示が来た。私は14時には席を確保するために会場に行ったが、すでに満員だった。テレビカメラ、雑クラブによると今まで一番誌の写真、新聞のカメラなどでゴッタがいしていた。日本記者クラブによると今までで一番多い360人が集まった。
会場に入ってきた宮川泰介君は大きな体をした青年である。それに付き添って、西畠正、薬師寺孝亮弁護士が二人別席に着いた。最初に司会をしたスポーツニッポンの宮内記者(日本新聞協会の企画委員)が、「記者会見で弁護士が付くのは異例だが宮川君の希望なので今回限りということで認めた」と述べた。
宮川君は紙に書いたことを読み上げた。それによると監督、コーチは「試合に出させるには相手のQB(クオーターバック)をつぶしてこい。やらないでは済まされないぞ」ということを言った。そのために追い詰められていた宮川君は違法タックをして退場させられた。そのあとグランドで泣いていた。
そのあとの質問に入るとNHKニュース7の記者、フジテレビの特ダネ記者、日本テレビニュースゼロ、フジテレビプライム、読売テレビ、テレビ東京、テレビ朝日、東京MXテレビ、TBSテレビのビビッドなどが次々と手を上げて質問していった。それに対して宮川君は丁寧に答えていった。
新聞社からの質問は時間もないこともありゼロだった。テレビも実況中継をしていたので記者は懸命だった。
20歳になったばかりというのに宮川君は「早く謝りに行きたかったが、監督から止められた。関西学院大に行ったが断られたこともあった」と話した。
宮川君の記者会見で日大側も急遽、内田監督、井上コーチが会見した。この会見では内田監督が「私は宮川君につぶしてこいと言ったことはない」と述べて顰蹙を買った。一方宮川君が日大豊山高校時代の監督だった井上コーチは「私はQBをつぶしてこいと言った。それがお前が次の試合に出られるかどうか、である。やらないでは済まないぞ」と正直に話した。
この会見で司会をしたのが私の知っている共同通信社の経済部記者だった米倉久邦氏だった。米倉氏とは日銀クラブで一緒だったこともありしばらく付き合いっていた。テレビで見る限りではずいぶん歳を取ったというのが実感である。この会見で打ち切りをしようとして記者からブーイングを受けた。日大側は対応が遅いうえに記者会見を打ち切ろうとした対応に「マスコミ対策ができていない。もっと早く会見をしていれば違う展開になったかもしれない」という声が出ている。いろいろなことを考えさせられる事件である

| その他 | 12:14 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE