<< ふるさとテレビがラクビーでシンポジウム | main | (追悼) >>
2018.07.05 Thursday

佐々木信綱氏が平成は大災害の年

日本記者クラブは「平成とは何だったのか」のシリーズで政治、経済、外交にについて著名人を招いて話を聞いている。和歌については早稲田大元教授の佐々木幸綱氏が6月27日に「平静は大災害の年だった。私が選んだ歌は次の通りである」と述べた。
いずれも朝日新聞に投稿された歌より選んである。
東日本大震災
「大震災の間のなき余震のその夜をあはれ二時間ねむりたるらし 仙台市坂本捷子」
阪神大震災 「一夜明け瓦礫の底にくぐもれる起こす主なき目覚めのベル 神戸市岡田淳」

平成シリーズで田中均・日本総合研究所国際戦略研究所理事長(元外務省審議官)が7月3日に北朝鮮との取り組みについて話した。外交とは日本の国益にかなう結果を作ることだ、と述べて北朝鮮についての拉致や非核化について「北朝鮮に日本の出先を置いて調査をすることが必要だ。それが最初にしなくてはいけないことである」と強調した。

 

| その他 | 13:19 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE