<< 来年の株価は2割ほど下がる | main | 日産のゴーン元会長の転落に思う >>
2018.12.26 Wednesday

約7兆円の買収は大丈夫か?
経済記者をやっていると規模の利益は必要で日本の企業はもっと合併して大きくならな
いといけないと、経営者には言ってきた。新日鉄の合併‘(八幡製鉄と富士製鉄)の時にも
稲山・八幡製鉄社長、永野・富士製鉄社長を応援してきた。ところが武田薬品がアイルラ
ンドの製薬大手のシャイアーを約7兆円で買収することが臨時株主総会で決まった。長谷
川社長は経済同友会の代表幹事をしていたこともありその経営方針などは理解していたつ
もりである。経営者も外国人のクリストフ・ウェバー社長にするなど思い切った手を打っ
てきた。ところがいざ7兆円の合併となると「そんな大金を出して大丈夫なんだろうか
?」という気になる。
たまたま日本記者クラブで塩野義製薬の手代木功社長の記者会見が11月21日にあっ
た。手代木社長は雑誌「財界」で19年1月に経営者賞を受賞する。この手代木社長に同
じ道修町の武田のシャイアーの買収について聞いてみたら「私にはあんな買収は恐ろしく
てできません」と話していた。この買収で武田は世界の製薬会社のランキングで7位に躍
り出たが、今後どうなるか?

| - | 15:27 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE