<< 追悼 | main | 奇人原信太郎が作った鉄道模型博物館 >>
2019.04.28 Sunday

日本の金融政策は「ちまかった」
日本記者クラブで4月10日に「平成とは何だったのか」のテーマで元日本債券信
用銀行(現あおぞら銀行)の頭取だった東郷重興氏が講演した。東郷氏は日銀の国際局長
から日債銀に常務として行き、13番目から頭取になった。破たんした後に逮捕されて
13年間法廷闘争をして無罪を勝ち取った。東郷氏は大蔵省が指導した金融機関への資金
導入について「佐々波委員会が決めたのだが、米国などに比べて金額が少なくちまかった
。もっと大胆に出していれば状況は変わったのではないか」と回顧していた。
中国から財政経済代表団が来日
中国から朱光躍(前財務次官)を団長にして7人の政府関係者が来日して4月25日

に日本記者クラブで
記者会見をした。朱団長は「中国の経済は下振れしている。しかし、米国との関税問題灘
を解決すれば明るさが出てくる」と述べた。米中の交渉には解決するとの見通しを述べた

| その他 | 18:11 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE