<< 日本の金融政策は「ちまかった」 | main |
2019.04.28 Sunday

奇人原信太郎が作った鉄道模型博物館

生誕100周年の式典
横浜にある1000の模型がある世界で最大の原鉄道模型博物館で4月4日に創業者の
原信太郎の生誕100周年の式典が行われた。館長で原夫人の美津子さんが挨拶し「夫は
鉄道模型づくりになると夢中になり私は子供がいることも忘れてしまいます。息子の丈人
と一緒に行っても鉄道の写真を撮るのに夢中になり、息子を置いてゆくこともしばしばで
す。鉄道のことになると気違いじみてました」と述べた。次に統一地方選のさなかにもか
かわらず黒岩候補(現知事)が「挨拶を聞いていると放送の禁止言葉が次々に出てきて、
それだけ原さんは鉄道の模型に夢中になったのでしょう。この博物館は世界に誇るもので
す」とフジテレビの出身だけに放送禁止用語のたとを出してあいさつした。
次いで長男の丈人氏(デフタパートナーズグループ代表)が「父は鉄を出して原さんの
功績をたたえた。道模型になると子供ことなどは忘れてしまうこともしばしば。それ以上
に食事は1日コーラ大瓶2本と牛肉だけしか食べませんでした。野菜を食べるようにすす
めても牛肉の中に野菜は入っている、と言って食べません」と思い出を述べた。
信太郎氏は小さい時から鉄道模型に夢中になり、近くの模型屋だけでなく海外からのカ
タログを取り寄せて注文していた。フランス語、イタリヤ語などもカタログから注文する
ために勉強して身に着けた、という。
慶応商工に在学中にコクヨの黒田靖之助氏と親しくなり黒田家に通うようになって妹の
美津子さんと結婚した。靖之介氏の父親のコクヨの創業者の善太郎氏に誘われて専務・技
術部長として入社した。一番売れていた複写簿は人手がかかっていた。それをドイツのメ
ーカーから技術導入して人手をかけない複写簿印刷機を完成した。さらに倉庫の自動化も
業界に先駆けて完成させた。
信太郎氏は海外の事情に詳しかった。日本が負けることを予見して日本円をドルに換え
たほか、いち早く疎開して静岡の袋井市に家を建てた。
文具業界では最大手になることに貢献した。コクヨでは和服で通し有名だった。こ
うした自由主義の精神が長男の丈人氏の「三方よし」の公益資本主義の精神につながって
いる。

| その他 | 18:12 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE