<< 日銀は昔の軍隊と同じか?インパール作戦に入ったのか | main | 森永乳業でヒ素ミルク事件の保証でまだ17億円出資 >>
2019.06.17 Monday

宗像信子さんが主宰してきやゴルフのコンペである(宗像杯)が5月25日に千葉県夷隅ゴルフクラブで行われる。

60回を持って幕を閉じる。

熱心に参加した私にとっては色々な思い出があり、皆さんに読んでいただきたいと思い出拙文をつづる。

60回で私は15回の茨城県のセントフィールズゴルククラブで2回優勝し、21回は準優勝をした。こうしたことのほかに37回の千葉県夷隅ゴルフクラブでは60人参加の大会でホールインワンを出した。ホールインワンのお祝いはこの大会に参加していた、神楽坂にあるちゃんこ料理屋「黒潮」で行った。色々なコンペに参加しているがこうした輝かしい戦歴を記録した会はない。

それだけに大会が幕を閉じることに残念な気持ちが高まっている。

 

きっかけはNHKの辻勝さん

  私がこの会に参加したたのはNHK情報ネットワークに務めていた辻勝さんに誘われたからである。当時、私は朝日新聞社が制作していた記事をFAXにしてNHKに売り込んでいた。その窓口が辻さんで私たち朝日新聞の営業チームが付き合っていた。我々もゴルフをしていたのである時「宗像杯というコンペがあるので参加しないか」と誘いがあった。それで営業チームの石井哲次郎君、松浦康彦君、宮城倉次郎君が95年9月30日の第8回から参加した。場所はセントフィールズゴルフクラブであった。

 この会は92年から宗像さんや辻さん、藤原真昭さんを中心に健康のためにゴルフをしていた。「ハレバレ会」としていたのを94年に宗像杯として発展させた。

 最初に優勝した時は15回でNHKの池田充彦、大西洋作さんと金剛英華さんだった。40−44の84で回った。次の99年5月の20回大会では44−49の93で回りダブルペリアでネット70・2となり優勝した。次の宍戸ゴルフクラブでの21回も37−44で準優勝をした。優勝は鈴木敏彦さんだった。このころは絶好調だった。景品もたくさんいただいた記憶がある。

 ホールインワンは07年11月3日に千葉夷隅ゴルフクラブで37回の大会でできた。この日は朝日の石井君、医者の土屋義哉、竹内明子さんと回っているときに出た。この日はあまり調子は良くなく、待たされたこともあってふてくされて打った。150ヤードあり、上りでありいい当たりだったがまさか入るとは思わなかった。「こんなこともあるんだなあ」というのが正直な感想だった。ホールインワンは2度目で保険金は100万円かけていたので何とか「黒潮」の払いもできた。

 

 宗像杯はどうなるのか?

 宗像杯の参加者も60人を超えていた時代から半分の30人になってきているので辞め時だと思うが、60回も続いた会だけに何とかできないのかと思う。好きな人が宗像さんを中心にしてこじんまりと続けてゆくのが良いのではなないかと思う。

 

 

 

| - | 07:10 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE