<< 東大経済学部が創立100周年記念の式典 | main |
2019.11.04 Monday

株主第一主義の見直しの動き

三井不動産の記者懇親会は一般紙、業界紙、アナリストなど毎年100社以上の記者を
集めて盛大に行う。今年は10月9日に三井不動産本社のホールで行われた。最初にあい
さつするのは菰田正信社長で最近の業績などを話した。「今年度も増収増益になり経営は
安泰です。国内では日本橋を中心にした街づくりが進んでおりコレド日本橋もオープンし
ました。海外でも米国や欧州も順調に進んでいる」と胸を張った。
次いで乾杯の音頭は岩沙弘道会長である。岩沙氏は「菰田社長が会社のことを述べたの
で私は経済界の動きについて話します。米国で大きな動きが出てきました。それは今まで
の株主第一主義の見直しです。米国の財界であるビジネスラウンドテーブル(181社で構
成)で株主第一主義を見直すという決議をしました。お客様、従業員、取引先、社会とい
うステークホルダーについて配慮することが必要である。株主については短期でなく長期
の視点で尽くす、ということが必要だ、と決めた。「これは大変なことです。米国の経済
界が日本のやり方が良いということで修正してきた」と話し乾杯した。
東レの日覚昭広社長は9月に経営塾が開いているフォーラムで講演して「米国でビジネ
スラウンドテーブルで株主第一主義の見直しが行われて経営者181人の署名を集めた。
長年大切にしてきた日本的経営がやっと世界的に世界に理解されてきたとの思いを強くし
た」と述べた。

| その他 | 21:07 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE