<< 閉そく状態の新聞ジャーナリズム? | main | 東大経済学部卒の企業経営者が「日本にノーベル経済賞を」と要望 >>
2020.02.04 Tuesday

追悼録
重光武雄ロッテグループ創業者
1月19日ソウル市内の病院で死去。享年98歳。
私が朝日新聞経済部で昭和46年から2年半食品関係の担当の時に重光さんに会った。
韓国名(辛格浩)を堂々と名乗っており、チュウインガムの自由化が問題になっていたの
を聞いたところ「日本のメーカーは米国や欧州のメーカーに比べてまだ弱いので自由化は
もう少し時間をかけてほしい」といっていたことを思い出す。番頭役に小川さんという人
がおりこの人に会って取材してほしいということで、重光さんと会うことは少なくなった

息子の争いに巻き込まれて困っていることを新聞で読んで気の毒なことだと同情してい
た。ロッテ球団も作った。

 

佐藤安弘キリンビール元社長
1月24日虚血性心疾患のため死去。享年83歳。
キリンビールは業界でトップの地位を占めていたが、アサヒビールに追いつかれぬかれ
たことから業績が悪くなった。佐藤さんが社長になった時が最悪な状態で大規模なリスト
ラをした。「100年の歴史で最初のこと。大変だった」といっていた。このリストラを
機にキリンの反転があった、といわれている。


水口弘一・元野村総合研究所社長
1月7日 死去 享年88歳
私が地方の前橋支局から昭和46年2月に東京経済部に上がってきて最初の担当は証券
業界だった。当時円の切り上げが問題になり1ドルいくらになるかが経済部の競争であっ
た。私は当時政界に強いといわれた野村証券の瀬川美能留・会長をマークすることになっ
た。毎朝、車で青山にある瀬川邸を訪れて取材した。その時に瀬川邸に来ていたのが秘書
の水口さんだった。そこで親しくなり情報ももらった。この水口さんが経済同友会の専務
理事になり、財界担当の私と付き合うようになった。代表幹事の会見には専務理事が出席
して会見を進める。「阿部ちゃんよろしく頼むよ」という声を今でも思い出す。当時の代
表幹事は石原俊・日産自動車会長だったと思う。
東大経済学部の卒業ということも同窓で親しみを覚えた。


荒川和夫元サッポロビール社長
1月5日死去享年92歳。
田中和泉・元TBS社長
1月20日心不全で死去。享年88歳。
1989年から91年まで社長を務めた。株の損失補填の問題が明るみになり辞任した
。経理局出身の初めての社長で宇宙特派員プロジェクトとして秋山豊寛氏を初めて宇宙飛
行に送り出した。


坪内祐三・評論家
1月13日急性心不全のために死去。享年61歳。
月刊誌「東京人」の編集者を経て評論家になる。夫人文子さんは朝日新聞論説委員で元
ワシントン特派員の山脇氏の元妻。


佐藤研一郎ローム創業者
1月15日閉そく性黄疸で死去。享年88歳。
立命館大の学生時代に抵抗器を開発して1954年ロームの前身である東洋電具製作所
を設立した。71年にシリコンバレーに進出するなど海外展開をして世界的な半導体メー
カーに育てた。私が日経新聞出身の徳永卓三が作った月刊誌「起業家倶楽部」に京都のベ
ンチャー企業を連載した時に「ローム」を取り上げた。佐藤氏はインタビューに応じなか
った。

| その他 | 09:57 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE