<< 街路樹が都市をつくる | main | 日本記者クラブも閉鎖 >>
2020.04.04 Saturday

コロナ禍で日本記者クラブも人数制限とマスク着用
新型コロナウイルスの脅威は4月初めでも衰えるどころかますます広がっている。思い
起こせば昨年11月ごろに中国の武漢でコウモリによりコロナウイルスが発生して大変な
ことになっている、というのが最初だ。1月の春節休みで中国からの観光客が日本に来て
ウイルスをばらまくのではないか、という噂が出始めていた。その頃はインフルエンザの
「サーズ」「マーズ」と同じで流行が終われば沈静化するという楽観的な見方が多かった

ところが横浜港にクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が停泊して、感染者が続
々と出始めてから連日の報道で騒ぎが大きくなっていった。クルーズ船を船籍のある英国
に返せばよいのではないか、という議論があり結局はたくさんの汚染者が出て、死者まで
出てきた。
このころはまだそれほどに深刻さはなかった。東京をロックダウン(封鎖)しなくては
いけないというように気配は出ていなかった。
3月に入ってからイタリア、スペイン、米国などの感染者の数と死者の多さにただ事で
は済まないという空気が政府に出てきた。安倍首相も突然に学級閉鎖を提案したり、マス
クを一人に2枚配るなど次から次に対策を記者会見で発表するようになった。米国のトラ
ンプ大統領のような危ないところはニューヨークのように人の出入りを禁止してしまうよ
うな激しい対策は出していない。


勉強会でも「いつ終わるかわからない」
こうした動きに合わせるように日本記者クラブでも2月13日に政府の感染症対策の専
門委員会の副座長をしている尾身茂氏が「新型コロナウイルスについての我が国がとるべ
き対策(私案)」を発表した。そのあと川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長など6人が
4月1日までにそれなりの見識を披露した。出席した記者が知りたいことは「いつこの問
題が解決するのか?」である。岡部所長は「来年夏ごろまでは収まらないのではないか」
と答えていた。
日本記者クラブも4月1日からはコロナ対策として人数を最大80人に制限するととも
に、マスクの着用を義務付けた。座る間隔をあけてコロナに感染しないようにしている。
こうしたことをするのはクラブでも初めてである。
企業の広報担当者も在宅勤務になった人も多い。通勤電車でコロナにでも感染したら大
変だ、ということである。記者会見なども開かずにメールで見てもらうやり方が出てきた
。大和ハウス工業の松田英次・広報企画室東京広報グループ長は「公示地価の反響をメー
ルで各社に送ったが、途中で切れたりしてまだまだだ。しかし、これからはこうした広報
のやり方が増えてゆくだけにコロナ禍をきっかけにデジタル化を進めていきたい」と前向
きだ。

| その他 | 19:13 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE