<< コロナ騒動でもしぶといイスラエル経済 | main | 追悼録 >>
2020.06.03 Wednesday

日本記者クラブが閉鎖。ウェブでの記者会見へ
こんなことは日本記者クラブができてから初めてのことである。新型コロナにより5月
初めから記者クラブが閉鎖され、だれも立ち入れなくなった。外国人特派員協会
(FCCJ)は閉鎖はせずにオープンにしていたのとは対照的である。


政府の緊急事態宣言によってコロナにかからないようにするためである。緊急事態宣言
が解除された5月28日からは再開された。クラブで待ち合わせをしたり、食事をしてい
た人にとっては朗報であった。


しかし、この間も記者クラブの本来の役割であるコロナについての記者会見はウェブに
よりライブで行ってきた。今まではクラブに来て講師の話を直接聞けたが、コロナの予防
ということでウェブを通しての会見になった。


このやり方は初めてで、最初はどうするのか迷った。聞きたい講演はクラブのホームペ
ージに載っているので事前に事務局に申し入れる。クラブ員でなくてはだめで、クラブの
登録番号や会社、資格、メールアドレスなどを登録して、OKになると、記者のメールア
ドレスに始まる1時間ぐらい前にズーム(ZOOM)のメールが送られてきて始まる。米
国のZOOM社は利用者の数が急増して4月に入り3億人を超えた、という。


講師と司会者の二人が画面に出て、質問はボタンを押して司会者に出し、それを講師
に伝える。


30分話して残りの30分で質問を受けつる。私的なことを言うと、軽井沢に行ってい
たのでこのやり方は都合が良かった。5月中にあった講演はほとんど聞いた。政府の専門
家会議の尾身茂・副座長が2月13日に最初にやり、5月29日の矢内廣ぴあ社長の「ラ
イブ・エンターテイメント産業への影響」まで25回やった。


経済記者OBからするとコロナについての病理や病院の問題、などが多くて経済的な話
題は5回の小林慶一郎・慶応大教授の「コロナウイルスの経済政策の在り方」18回の帝
国データバンクの赤間裕弥・東京支社情報部部長の倒産問題などで少なかった。


こうした中で5月27日(24回)に行われた「悪化する病院経営」について全日本病
院協会の猪口雄二会長が話した。病院経営状況緊急調査に基づいており、コロナの患者を
診療すると一般の患者は減るので赤字になる。そうしたことで国はコロナの診療報酬を3
倍にしたが「これでも病院の経営は改善されるかどうかわからない」という。改善策につ
いて聞かれた猪口会長も「ワクチンができるまではこうした状態が続いてゆくのではない
か」と答えていた。先は見えない。
 

| その他 | 15:04 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE