<< ダマレ!造反重役 | main | エアコンの値上げをはっきり言う >>
2020.07.04 Saturday

山下社長で東京に電話がかかる

 

76年10月に大阪経済部から東京経済部に3年ぶりに帰ってきた。大阪では機械クラ
ブに2年いて、そのあとは金融・財界を担当した。住友銀行、三和銀行、大和銀行などの
銀行と日本生命保険、住友生命保険、大同生命保険などを取材して東京の日銀クラブに変
わった。当時、住友銀行が安宅産業で巨額な損失を出して頭取が伊部恭之助から磯田一郎
に交代することが記者の大きな問題でありこの取材に追いまくられていた。
こうした報道合戦のさなかの寒い、77年1月17日の夕方に大阪の経済部の富岡隆夫
ダスク(後のAERA編集長。死去)から「あべちゃん、山下俊彦という取締役、知ってい
るか?」という電話がかかってきた。「山下さんがどうしたんですか?」というと「山下
が社長になるんだ。大阪の経済部はだれも山下のこと知らないんだ。あべちゃんなら知っ
ていると思って電話した。知っていることを教えてほしい」と話す。
そこで私は「なかなかの人物ですよ。エアコン事業部長の時に値上げを堂々と話したん
ですから。度胸がありますよ」と答えた。
山下さんは26人いた取締役の下から2番目で24人抜きで社長に選ばれた。この本によ
ると、さすがの度胸のある山下も1月10日に松下幸之助から「社長になってほしい。ど
や」と頼まれた。「先輩方がたくさんいるのにとても務められない」と断った。ところが
幸之助はあきらめない。山下の周辺にいる正治社長や谷村博蔵副社長などを通して社長就
任を執拗に頼んできた。さすがの山下もあきらめてOKした。その代わりに社長就任の記
者会見の時に「(松下幸之助)選んだ方にも責任があります」という名文句を言いはなっ
た。

 

| その他 | 11:19 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE