<< 山下社長で東京に電話がかかる | main | 松下電器の山下跳びの元社長の思い出 >>
2020.07.04 Saturday

エアコンの値上げをはっきり言う
当時、私は松下の工場をなるべく多く見学するようにしていた。当時、大阪に大小50
近くの工場があり訪ねるのも大変だったがモノづくりの現場を見て、そこの責任者に会う
のは勉強にもなった。私の記憶では74年10月にエアコンを作っている滋賀県・草津市
にある「草津工場」を見学した。大きな工場で整理整頓されておりきれいな工場だった。
見学を終えてエアコン事業部長の山下に会った。山下は片方の目が悪いのか、いわゆる「
がちゃめ」だった(差別用語になるか?)。
当時、石油ショックの後で原材料が相次いで値上げしていた。私もエアコンの値上げが
いつ行われるか、取材していた。トップメーカーの松下の動向は注目されていた。しかし
、企業にとっては値上げを決めるのは営業担当であり、事業部長では発言できない。しか
し、せっかく会ったのだから山下に「エアコンもこの原材料費が値上げしている中では値
上げするのでしょうね?」と聞いた。
松下の役員はこうした微妙な質問には言葉を濁すことが多かった。ところが山下は「こ
んなにいろいろな原材料が値上がりしているのだから値上げしますよ」とはっきり答えて
くれた。
「それではどのくらいいつから上げるのですか?」とたたみかけて聞くと「できるだけ
早く上げますよ。20%ぐらい上げなくてはだめでしょうね」と話してくれた。
そばにいた広報部の人に「エアコン値上げで書きますよ」というと「山下部長がああい
うのですからいいんではないですか」という。
朝日新聞の74年10月2日の紙面に「ルームエアコン 新製品で来月から値上げへ約
20%」という特ダネ記事を書いた。東京、大阪はべた記事だったが、名古屋は3段の記
事になった。企業にとっては値上げの記事は他社の記事の後にそっと書いてもらいたい。
率先して上げると書くと企業イメージが悪くなるのと駆け込みの需要が出て、値上げした
製品が売れなくなる心配がある。こうした中での山下さんの発言は勇気のいることでもあ
った。
 

| その他 | 11:20 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE