<< エアコンの値上げをはっきり言う | main | 追悼録 >>
2020.07.04 Saturday

松下電器の山下跳びの元社長の思い出
日経新聞の4月2日の夕刊の読書欄で経営学者の中沢孝夫氏が「神様とぼく 山下俊彦
伝」(梅沢正邦著 東洋経済新報社刊)を紹介していた。山下には46年前になるが私が
大阪経済部にいる時に会ったことがあり、懐かしさのあまりハードカバーの500ページ
の本を読んだ。
私が東京経済部から大阪経済部に異動したのは第一次石油ショックの1973年10月
である。最初に担当したのは家電を含めた機械である。
大阪経済部の機械担当としては松下電器、三洋電機、シャープの家電3社を中心にその
ほかに農機具のヤンマージーゼルや久保田鉄工などを取材した。大阪の家電メーカーは東
京のメーカーをしのぐ勢いがあり、東京の経済面にも大きく載っており私は張り切ってい
た。
当時、松下電器は取締役に就任した人を記者クラブで披露していた。74年1月に取締
役になった山下が記者クラブに来た。私は山下がはっきりものをいうのに「なかなかなひ
とだな」という印象を受けた。

 

| その他 | 11:20 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE