<< 最大の資産規模の銘柄が誕生 | main | 広報ソリューション懇話会へのコメント/東京都の区の動きに目を離せない(8月20日) >>
2020.08.31 Monday

追想「一柳東一郎」が4年たって出版
沖縄のサンゴに朝日新聞の写真部の記者が傷をつけたことで社長を辞任した一柳東一郎の追想記が死去した4年後の20年6月にできた。(16年6月7日死去)。

この本を早く出版したいと家族の咲子夫人にお願いしたいところ「サンゴ事件でやめた夫なのでそうしたことは遠慮したい」と断られた。18年の3回忌が過ぎたときに秘書を務めた羽原清雅氏が頼んだところOKが出た。
追悼集の刊行委員会が作られて中江利忠・元社長や浜田隆・元専務、桑田弘一郎・元テレビ朝日社長などの長老の下に、羽原氏など若い政治部OBが集まり作業をした。朝日新聞の後輩43人と家族の3人の一柳社長への思い出が綴られている。政治部が長く政治部
長や編集局長など歴任したので政治部の出身者が多い。その中で経済部出身の浜田氏は「確かなリーダーシップ」という中で「31年前、一柳社長はいわゆるサンゴ事件で退任した。

あの時、ご本人にも申し上げたが、私はいまだに納得できていない」と書いた。
このほか論説主幹を務めた松山幸雄氏は「度胸のよい指揮官」と一柳社長の行動をほめている。

| その他 | 18:48 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE