2018.10.30 Tuesday

外国人記者クラブが11月から移転

JR有楽町駅前の電気ビルにあった外国人記者クラブが11月から千代田区丸の内にできた「丸の内二重橋ビル」(千代田区丸の内3−2−3)の5,6階に移転する。今までは電気ビルの19階、20階だったので広さは変わらない、という。

| その他 | 09:43 | - | - | pookmark |
2018.10.30 Tuesday

追悼)

高原慶一朗ユニャーム創業者 10月3日老衰のため死去。享年87歳。
女性用手掛けて会社を大きくした。財界動としてニュービジネス協議会の会長を1期2
年)務めた。

 

 

入澤肇・元農林水産省構造改善局長、参議院議員 9月18日がんのために死去。享年78歳。農林水産省では異端の役人で、自由党から参院議員になりそのあと保守党、自民党と変わった。

 

 

小山博之・元日経論説委員、元静岡産業大学教授 10月18日死去。享年79歳。英国のシェイクスピアについて造詣が深く企業家倶楽部(徳永卓三編集長)という月刊誌に「シェイクスピアの人間学」を連載していた。

 

| その他 | 09:42 | - | - | pookmark |
2018.10.05 Friday

朝日新聞が久しぶりの新聞協会賞
優れた報道に贈られる18年度の日本新聞協会賞に編集部門で朝日新聞が選ばれた。安倍
内閣のアキレスケンである森友問題での受賞だけに朝日新聞社の中は意気軒高なものがあ
る。「財務省による公文書の改ざんを巡る一連のスクープ」に対して贈られた。東京社会
部・大阪社会部の連名になっているが、実質は大阪社会部がスクープしたものである。こ
のため代表は大阪社会部次長の羽根和人になっている。
朝日新聞はリクルートの調査報道で新聞協会賞を取る寸前に行っていたが、写真部員の
サンゴ事件でこれを逃した。それ以降、朝日新聞は協会賞に見放されていたが、今回晴れ
て受賞した。10月16日に仙台市で開かれる新聞大会で表彰される。

| その他 | 13:30 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

入江襄(のぼる)・元新日本証券(現みずほ証券)社長 9月6日病気で死去。享年朝日新聞が久しぶりの新聞協会賞

優れた報道に贈られる18年度の日本新聞協会賞に編集部門で朝日新聞が選ばれた。安倍内閣のアキレスケンである森友問題での受賞だけに朝日新聞社の中は意気軒高なものがある。「財務省による公文書の改ざんを巡る一連のスクープ」に対して贈られた。東京社会部・大阪社会部の連名になっているが、実質は大阪社会部がスクープしたものである。このため代表は大阪社会部次長の羽根和人になっている。
朝日新聞はリクルートの調査報道で新聞協会賞を取る寸前に行っていたが、写真部員のサンゴ事件でこれを逃した。それ以降、朝日新聞は協会賞に見放されていたが、今回晴れて受賞した。10月16日に仙台市で開かれる新聞大会で表彰される。

 

| その他 | 21:33 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

三澤千代治氏が「遺言」を出版

ミサワホームを創設した三澤千代治氏が9月20日付けで「遺言」(創樹社、消費税は別で2000円)を出版した。今やミサワホームはトヨタ自動車に乗っ取られて、三沢氏は追い出された形になっている。そうした中で新しい住宅の「ハビタ」を販売している。三澤氏は創樹社から、最後の気持ちを読者に訴えたいとして出版した。内容は第1章から11章まであり三澤氏がミサワホームでCEOでやってきたことをまとめた。200年住宅を目指して住宅を作らなくてはならないことを訴えている。三澤氏は「今まで住宅メーカーという立場で家を作ってきたことを反省している。しかし、生まれ変わっても住宅の仕事をしたい」と述べている。

| その他 | 21:33 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

グラミン日本を設立

日本の貧困者や生活困窮者に対して低利・無担保で少額融資して貧困から脱失するのを助ける「グラミン日本」(本社中央区日本橋)が9月13日に創設されて事業を開始した。理事長CEOは菅正広・明治学院大教授で理事COOは百野公裕氏が就任した。7億円の資本金を集める。会長にはノーベル賞を受賞したグラミン銀行創設者のムハマダ・ユヌス博士が就任した
アドバイザリーボードには原丈人でデフタパートナーズ会長や三井不動産の北原義一副社長などがいる。コーポレートサポーターにはアクセンチュア株式会社、三井不動産、第一勧銀信用組合が名を連ねている。

| その他 | 21:32 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

JR東日本の元社長の清野氏が日本政府観光局理事長に

JR東日本の社長、会長を務めた清野智氏が18年5月に政府観光局の理事長に就任した。政府観光局はJNTOと「日本観光振興機構」と言われてきた。世界中に日本の観光庁の出先があるのを取り仕切ってきた。歴代の理事長は旧運輸省の次官・局長級が天下ってきた。この数年は民間から来ていたがJROBが就任するのは初めて。政府観光局の予算は約200億円であり韓国などの5分の1と少ない。この予算を増やしてゆくのが新理事長の大きな役目だが、観光庁が清野理事長にどれだけ力になるのかが注目される。

| その他 | 21:32 | - | - | pookmark |
2018.09.28 Friday

追悼

立木正夫・元サントリー専務。 8月6日心不全のために死去。享年77歳。経済同友会で広報関係の委員をして勉強会などをリードしていた。

増田実・元日本貿易振興会(現日本貿易振興機構)理事長。7月16日肺炎のために死去。享年94歳。エネルギー庁長官、通産省審議官を務めた後、東電常務、副社長を務めた。

竹内哲夫・元東京電力副社長。7月20日脊髄異形成症候群のため死去。享年84歳。日本原燃の社長と国の原子力委員会の委員をを務めた。日本原燃がお別れの会を行うが日にちは未定。

石弘光・元一橋大学長。8月25日すい臓がんのために死去。享年81歳。お別れの会を10月2日午後2時から東京・一ツ橋の如水会館で開く。

藤森正路・元住友金属鉱山社長。9月6日肝細胞がんのために死去。享年96歳。

92歳。

 

| その他 | 21:31 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

ホンダジェットを日本でも発売へ

18年6月6日にホンダの八郷隆弘社長は記者会見をして「小型ジェット機のホンダジェットを日本でも販売を始める」と語った。ホンダジェットを既に2015年に米国では1号機を引き渡しているが日本ではまだ発売していない。ホンダジェットを手掛けている子会社のホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野社長は「最大7人乗りで価格は約5億7700万円だが欧米と同じくらいに購買能力のある層はいる」と自信を示した。

 

| その他 | 10:32 | - | - | pookmark |
2018.09.04 Tuesday

トヨタがルマンで初V

自動車の耐久レースである第86回のルマン24時間で6月17日にフランスの西部ルマン・サーキットで決勝のゴールを迎えトヨタは中嶋一貴らが運転した8号車が優勝した。日本人ドライバーが運転しての優勝は初めて。

 

| その他 | 10:32 | - | - | pookmark |
最新記事
カテゴリ
月別記事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE